ブログトップ

hostsilpi

hostsilpi.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

交通事情

今まで行った海外の中で交通事情がひどかったのは
ベトナムとインドがダントツ、やったような気がする。

でもバングラにきて、完全にここが1位になった。

とりあえず、めちゃくちゃ渋滞する。

何故かって、車とCNG(小型タクシー)とリキシャが
ごちゃごちゃになって走ってる。

信号はたまに見かけるけど、あんまりない。
そしてベンガル人は信号はあってないようなものなので
警察が誘導してることがよくある。

今日は病院に行くのにリキシャに乗ってると
いつもの通り、渋滞にでくわす。
渋滞の理由は簡単、そして大概いつも同じ。
信号のない交差点で全員がつっこむから。
みんなが少しの譲り合いの気持ちを持てば
ダッカの渋滞はだいぶマシになると切実に思う。

今日の渋滞は、ちっちゃい交差点で車10台と
CNG15台とリキシャ30台くらいが
もう、斜線も関係なくごっちゃごちゃ!!

どうすんのかなーって思いつつ、
その30台の中のリキシャに乗って眺めてると
どこから現れたのか、おっさん4人くらいが誘導しだした。

と思いきや、「右だ!」「いや、左が先だ!」
てな感じで喧嘩しだした。
しかも、これがまた長いんだよーーー。

待ちきれないドライバーが尋常じゃなく
クラクションを鳴らしだす。

こっちに来て、1番嫌いな音、クラクションの音になった。
TOYOTAの社長と話せる機会がもしあるなら、
クラクションの音を小さくするか、
もっと、なんか、楽しめる音にぜひ変えてもらいたい。
動物の鳴き声にするとかさ。
あ、余計いらいらするかな?笑

歩行者にとってもめちゃくちゃで、
もちろん横断歩道なんてなければ歩行者用の信号もないから
道路を渡るのはいつも命がけ。
歩行者優先なんてルールはもちろんなくて、
完全なる弱肉強食の世界。笑

バスのフロントガラスは結構な確率でくもの巣みたいに
割れたままになってるし、
9割くらいの車の前後にパイプがついてる。
車がぶつかることを予測して、へこんでしまわないように。

この前バス乗ってたら、バスにぶつかって事故した。
停まってた車が急発進してきて2回、激突されたり、
走ってる車にも1回あたられ、リキシャには2回ひかれた。

ただ、この国ではこんなの事故って言いません。
バングラデシュでは人が死にでもしない限り、
「事故」とは言わないみたいです。笑

ちゃんと生きて帰れますように!!
d0177548_020391.jpg
d0177548_0212921.jpg

[PR]
by kana_rt | 2010-08-31 00:16

イフタール


そうです、ラマダン(断食)中なんです。

バングラデシュは国民の8~9割が
ムスリムなので、国民のだいたいが断食中。

8月12日にはじまって9月12日まで。

断食ってゆっても24時間食べれないわけじゃなくて、
太陽が昇ってる間だけ食べられません。

とは言っても、
夜中の3時に朝ご飯を食べてから
夜の7時くらいまでやから、結構きついよね。。

そして、その7時くらいに食べる料理が
最近わたしを悩ませているイフタール。

もちろん病院のみんなも食べます。
ってことはあたしの元にも運ばれてきます。

イフタールは毎日おなじ内容やねんけど、

ナスの揚げ物
いもをつぶして揚げたやつ
豆のなんか辛い揚げ物
ムリって名前のポン菓子(にんじんの形の駄菓子みたいな)
豆の辛いやつ
よくわからんドライフルーツ
かりんとうをシロップにつけたみたいなやつ

とりあえず揚げ物!!笑

重い!!!!

しかも、これを7時くらいに食べさせられたあと、
8時くらいに「夜ご飯、何食べる?」って聞いてきます。

「お腹いっぱいやからいらない」って言ったら
なんで?って言って心配されます。

こんなに食べてるのに!!笑

3日間、イフタール食べたけど、
ムスリムのみなさんごめんなさい。

もう食べたくないです。笑
これを1ヶ月も食べ続けるなんてすごいな~
[PR]
by kana_rt | 2010-08-29 23:57

トイレ事情


隊員してからも毎日、注射に通ってます。

あたしは血管が細くて日本の病院でも
よく手の甲に刺されてたけど、
こっちでもいろんな場所試されて、結果手の甲です。
最近は右も左もいろんなとこ内出血しすぎて、
わけわかんない手首?とかに刺されます。

本気で痛い!!!!
もう最近、さぼってやろうかなって思うくらい
注射に行きたくない!

でも今の仕事は「病気を治すこと」だから
ある程度安静にして、注射はちゃんとしないと!!

昨日は久しぶりに隊員ハウスに帰った。

そして、気になってたトイレの使い方が判明。
写真の通り、あたしの家のトイレの1つはベンガル式です。
日本の和式みたいなやつ。
きれいじゃないけど、慣れたら案外平気!

でも、こいつがくせ者で、
日本の感覚でタンクのほうに頭をむけてしゃがむと、
頑張って後ろめにしゃがんでも
顔とタンクの距離、5センチくらいしかない!


写真の家のトイレはまだきれいなほうで、
職場のトイレはタンクも、なんかめっちゃ汚い。。
5センチはかなりきつい。。。。

いつもけっこー苦労してて、
もうちょっといい方法あるんじゃない?って考えたわたし。

はっ!!!逆だ!!!!!!!!

って気づいた。
タンクと逆っ側に頭を持ってくと、、、


うん、しっくりくる。笑


そんなこんなで、みんなにトイレの使い方聞いてみた。

けっこー意見わかれたけど、、、


正解は日本の逆!みたいです^^


ちなみにベンガル人はトイレで紙と使う習慣がないです。
高級レストランとかのトイレにしか紙はありません。
そして!どうやってきれいにしてるかとゆうと、、、

この茶色いジョーロみたいなやつに
水を入れて、ムスリムが不浄の手としている左手で

こすってきれいにしてるらしい。

汚っ!って思ったけど、
ムスリムたちは紙でふいてることを汚いと思ってるらしい。

うーーーん。文化の違いですね!

トイレひとつにしても、
国によっていろいろあるみたいです!
d0177548_22474951.jpg
d0177548_22502344.jpg

[PR]
by kana_rt | 2010-08-28 22:38

退院


無事、退院しました。

腸チフスとデング熱の複合感染していた。

+デング熱の感染2回目ってゆう、

衝撃の事実と共に...


デング熱の1回目、ほんとに記憶がない!

そんなことってありえる?



まあ、とりあえずだいぶ元気になりました^^

でも、まだ自宅療養中で、注射のために毎日通院。。

もう職場行っても大丈夫やのに!って思ってたけど、

今日、散歩がてら病院まで歩いてスーパー行っただけで

めっっっちゃ疲れて2時間も昼寝しちゃった。。

絶対、体力なくなってるーーー!

油断すると熱ぶりかえすらしいし、しばらく安静かな!


ただ!家探ししないとやばいんだなぁ。

今のステイ先の契約は8月いっぱいなので
9月からリアルに家がありません!!!!!!!

てゆうか、職場の近くに我慢できる汚さで、
支給される上限内の家がない!

家探ししてると、いろんなベンガル人が話しかけてくるけど、
「今月はロジャ(断食月)だから家あかないよ!」
って教えてくれる。

もう、何回も言われたよ~~~

確かに、断食しながら引越しなんてしたくないよなー

って妙に納得。

バングラデシュでホームレス?

それだけは嫌!!!

デング熱3回目になって目から血がでてしまう!!!笑

てことで9月中、ハウス隊員になるかもー、です。
[PR]
by kana_rt | 2010-08-26 22:43

入院 2


病院の...

ってゆうよりあたしの病室の真横で
工事してます。

尋常じゃなくうるさくて、寝れません。

今日は朝からナースが体ふきに来てくれました。

冷水で。笑

しかも!
足の裏ふいたあと思いっきり顔面ふいてきました。。

どう考えても逆でしょ!!!


あと、今日ドアのとこで知らないベンガル人のおばさんが、
水の入ったペットボトル持って立ってて、
しんどかったから無視してたけど、
あんまりにもずっと見てくるから「何?」って聞いたら
「この水、あなたの冷蔵庫に冷やしていい?」って聞いてきた。

誰だよって思ったけど、めんどくさかったから
いいよ~って言っといた。笑

で、毎日、点滴の管から注射されてるんやけど、
今日めちゃくちゃ血が逆流した!
びっくりした顔してたら
「ショモッシャナイ!(問題ない)」って。。
いやいやいやいや、だいぶびっくりするし!!

もう、ほんとに突っ込みどころ満載過ぎます。

今日中に検査結果が出るはず...^^
[PR]
by kana_rt | 2010-08-19 20:52

入院

バングラに来て、初入院、初点滴中です。

なんか最近、頭痛いなーって思ってたら、
昨日、急にめっちゃ熱出て、39.6度まで上がった!

で、今朝になっても39度くらいあって
下らなかったから病院来たら...

やっぱり即入院でした。

でも、点滴の威力はすごくて
今めっちゃ元気になってきて暇をもてあましてます。

バングラの病院はいろいろびっくりします。

まずラーマン先生があたしを診察して
点滴セットして最後にあたしに言った一言。
「大事なもの気をつけてください」

あのーー、病院側でセキュリティーちゃんとしてください。笑

でも先生が忠告するだけあって、
あたしの病室に知らない人が入ってきたりする!

でも、ジーパンはいたおっさんが入ってきて
「誰?」って聞くとドクターだったりもする。
わかりづらいからちゃんと白衣着てください!!

さっきは変なおにいさん2人入ってきて、
何かと思ったらX線とるおにいさんでした。

でも、それでちゃんととれんの?って感じの
めっちゃ古そうな機械やったし、
重たい白い板みたいの、病人のあたしに持たせてきました。笑

あとは、、、ご飯がありえないです。
中華かインド料理かベジタブルスープ。

ベジタブルスープしか選択肢ないですよね。
中華とかインド料理とか病院なのに重過ぎる!!


そして、1時間おきぐらいに看護師さんが
熱は測りにくる。
部屋入ってきてみんな「バロアチェン?(元気?)」
って聞いてくるけど、、、
元気じゃないからここにいるんだよ!!!


なんかさ、病院にきても、
やっぱりここはバングラなんだなーって思うよ。
[PR]
by kana_rt | 2010-08-17 16:23

がじぷーる


ダッカから車で2時間くらいのカジプールって町へ行ってきた!

カジプールの中でも村に行ったから、本当に癒された。


村には、牛とか鶏とかヤギとかあひるとか猫とか...いろいろいる。

子どもたちがあたしたちのためにサトウキビをとってきてくれた。
泥んこになりながら川に入って、とってきてくれた^^ かわいい!

食べてって言って渡されたけどとりあえず口の中に
ワラみたいな繊維がまとわりつく...味は砂糖でした。当たり前だけど。



やっぱり田舎は人があったかいし、自然がある。

ほんとに大事なものは、やっぱり田舎にあるような気がする。

いつか、田舎暮らししたいなあー^^
d0177548_1445217.jpg

[PR]
by kana_rt | 2010-08-07 01:15

Cumilla

d0177548_1143678.jpg

今日はクミッラってとこに行ってきた。
やっぱり田舎はいい!
24時間クラクションが鳴り止まないダッカにいると
それがないだけで幸せに感じたー。

なんで行ったかとゆうと
陶の新商品を作るために視察に行って、デザイン考えるため。
あたし専門、染織なんですけど。笑

昨日はBRDB(バングラデシュ農村開発局)のえらい人と
カルポリのマネージャーと3人で行くってなってたのに、
今日待ち合わせ場所に行くとBRDBの人と2人だって言われた。
クミッラのBARDって施設にまずは行って、
偉い人たちにあいさつさせられた。
そしてみんなで貴族みたいなとこでお昼ご飯を食べた。

今にはじまったことじゃないけど、
ベンガル人の英語がほんとにわからなすぎる。
みんなめちゃくちゃなまってるのに自信満々に話す。
で、あたしが聞き取れないと「この子英語知らないのね」って言われる。。
たしかにそんなに知らないけどさ、
farmer とか prefecture とか where are you from ? くらいはわかるよ!!
Rの発音がとりあえずすごすぎます。。
farmerとかファルマルって聞こえます。


陶芸は専門じゃないから釉薬のこととかあまりわからないけど、
とりあえず出せる色はなんとなーく聞いたし、
ダッカに戻ってデザインして、出直すことになった。

大学で陶芸少しやってたけど、
日本とバングラではやり方が違っておもしろかった!

バングラデシュ人の好みと、
日本人の好みってちがうから難しいけど、
共通して分かり合える部分があるような気もしてきた。

ものづくりって大変やけど、やっぱりわくわくする!!!!
[PR]
by kana_rt | 2010-08-04 01:14

bristi din



最近、ベンガル人が可愛く思えてきた。

あたし雨の日好きじゃないけど、この国では、
頭にビニール袋かぶってるリキシャワラとか、
ゴミ袋みたいなん体に巻きつけてる人とか、
ビーチパラソルを傘代わりに使ってるおっさんとか、

おもしろいものがたくさん見れて、
雨の日も捨てたもんじゃないな、って思う。


最近、大事なことを思いだした。

「笑顔」って本当に大切。
同じ時間を過ごすなら、少しでも笑ってたい。

わたしが笑って、
周りの人も笑顔になってくれたら幸せ!って思う。

ってゆってもあたしそんなに心広くないし、
文句も言えば、怒ったり、泣いたりもするけどね。

この国にはやっぱり貧しい人もたくさんいる。

あたしはご飯もちゃんと食べれて、
きれいなお家に住めて、着る服もちゃんとある。

豊かな日本で育ってきたから、
そうは言ってもそんなことやっぱり当たり前で、
途上国に来ても、やっぱりある程度の暮らしは確保していて、
平均的なこの国の人たちに比べたら贅沢もしてる。

協力隊は草の根活動、とかゆうけど、
そうかもしれないけど、そうでもないような気もする。

今日、道端の生地屋さんで6、7歳の男の子が
重そうな荷物運んでて、でも重すぎてぜんぜん動かせてなくて、、、
手伝ってみたらめっちゃ素敵な笑顔をくれた。

バングラデシュの人はあんまりありがとうを言わないけど、
男の子の笑顔はあたしが言う薄っぺらいありがとうより暖かかった。

いろんな考えが頭ん中ぐるぐるしてるけど、
とりあえず言えることは、あたしも暖かい人になりたい。

そんなこんなで、明後日はコミラって場所に行くことになった。
農村開発局のえらい人も一緒に行くから緊張するけど、
始めてダッカ県の外に行くから楽しみだなあ…^^
[PR]
by kana_rt | 2010-08-01 01:41